IPOについてのレクチャー(IPOの効果的な買い方)のサイトで書いたまま、IPOが簡単で儲かる確率も高い”美味い財テク”だというのはわかりました。

しかし、そうなるとみんながIPO財テクを狙うため、基本的にIPOは抽選になり、当選しなければ意味がありません。

IPOの抽選に参加するためお金が減ることはありませんので根こそぎ申し込んで問題ないですが、せっかくなのでたくさんのIPOに当選してマネーを増やしたいですよね。

そこで、ここでは多少なりともIPOの抽選で当選やる%を褒めちぎる企画を、定番の泥臭い方法から小さなコツまで紹介していきます。

1.根こそぎ売り渡す”主コーディネーター証券仕事場”を生み出す

まず基本ですが、IPOの株は全ての証券仕事場に平等に割りふりられるわけではありません。新規展示の株を引き受ける証券仕事場をコーディネーターや引受証券仕事場などといいますが、その中でも「主コーディネーター」となる証券仕事場があり、新規上場する株の約半分は主コーディネーターの証券仕事場が受け継ぎます。

主コーディネーターのA証券 ・・・ 50百分率
コーディネーターのB証券 ・・・ 20百分率
コーディネーターのC証券 ・・・ 15百分率
コーディネーターのD証券 ・・・ 15百分率
というように、おんなじIPOも割りふりられる株式の割合は主コーディネーターが圧倒的に多くなります。

引き受ける株数が多いは、それだけ当選する確率も高いということですので、IPOの抽選に頼むときは主コーディネーターの証券会社では積極的に参加してみましょう。

WEB証券は主コーディネーターになる数は少ないですが、2005ご時世にマネックス証券がWEB証券初の主コーディネーターになり、同年は3つの主コーディネーターを務めるなど、将来WEB証券の主コーディネーターは増しが見込まれ、主コーディネーターになった時は美味いのでここは敢然とおさえておきましょう。

どこが主コーディネーターをするかはYahoo!のIPOのサイトなどで見ることができます。

■主コーディネーターキャリアの多いWEB証券 (ここに口座を持っておくと有利)
  マネックス証券  SBI証券    SMBC日興証券
2.優遇メニューレベルによる

最近ではIPOにつきだけにたくさんの株の口座を作る自分が加わるなど、IPOは人気があります。そこでWEB証券各社もIPOに対する色々なサービスを出していて、かしこく使えば有利にIPO抽選に参加することができます。

大手の証券仕事場は原資の多いレトリック顧客が優遇されますが、WEB証券は資金が短い顧客も同等の抽選確率で抽選を通じてもらえるところが多いので、そこを狙って口座を持っておくってよいでしょう。

また、岡三ネット証券という現時点大物証券の事前振り込み不用も原資コストパフォーマンスを決めるためにぜひ活用したいですね。

マネックス証券IPO当選は1自分1ユニット。
原資の少ない自分も当選の確率はおんなじ。
(目安:IPOの抽選がフェア(抽選企画))
ティーンエイジャーも口座基準できるので
親子が多いと有利。
SBI証券IPOにずれるたびに要点がもらえる
要点利用で当選%登場
(IPO相対要点の詳細)
ティーンエイジャーも口座基準できるので
親子が多いと有利。
SMBC日興証券主コーディネーターの実数が多い。
原資の少ない自分も当選の確率はおんなじ。
岡三ネット証券IPO抽選時折原資を用意する仕事無し!
当選したら原資をリザーブすればいいので
小原資の自分も複数のWEB証券から
IPO抽選に出席オッケー
原資の少ない自分も当選の確率はおんなじ。
現時点大物証券 岡三ネット証券と同様に当選してから
原資をリザーブすればいいので奨励!
ただIPO用意取り組みが2017ご時世1月々からなので
どれだけ扱いがあるかはまだ不明です。
3.根こそぎ頼む

IPOの当選%を褒めちぎる基本的な企画は、とにかくたくさんの証券仕事場に口座を持っておくことです。どの新規上場商標がいつの証券会社で扱い浴びるか、またいつの証券仕事場が主コーディネーターになるかわかりません。

自分が口座を持っていない証券仕事場が主コーディネーターになり、あわてて口座基準を申し込むと乗り遅れることもあるので、たくさんの口座を持って置き、キッカケのときにいつの証券仕事場からも結果ができるようとしておけば心にスペースもできます。

当然ですが、申込をする数が多ければそれだけ当選の確率も上がります。IPOのためにいくつも株の口座を仕立てるのは出だしで、主コーディネーターの多い SMBC日興証券 やマネックス証券はもちろん、原資をリザーブせず抽選に参加できる 岡三ネット証券 って現時点大物証券は口座を持っておいて結果数を増やしておきたいですね。

それだけでなく、マネックス証券というティーンエイジャーも口座基準ができるWEB証券で娘の名義も口座を出し、IPOにひたすら応募するという自分もいる。

それは少しやりすぎというかもしれませんが、宝くじにしろ贈与応募にしろ、確率でいえば1つの応募によって2つの応募のほうが当選%は2ダブル。IPOの結果は切手フィーすらかからないので根こそぎ頼むのが基本です。

IPOに関してのおすすめのWEB証券

当サイトでIPOに関してのおすすめのWEB証券は用意数という主コーディネーターキャリアからマネックス証券、SBI証券 、 SMBC日興証券 だ。(※SMBC日興証券は2013ご時世5月々まで口座長続き費がかかりましたが、2013ご時世6月々から口座長続き費無用になりました。マネックス証券等の他のWEB証券において無用になったので安心して口座基準できます。)

そして原資を入れないとおりも抽選に参加できる 岡三ネット証券 という現時点大物証券だ。

特にこれからIPOを始めるという皆さんは、まずマネックス証券ってSMBC日興証券、そして先々のためにSBI証券の口座基準を通じて置き、抽選に参加できる数を繰り返すために岡三ネット証券という現時点大物証券にも口座を持っておくって便利です。

SBI証券は申し込みをしてそれるごとにくれるIPO要点が貯まっているほど有利なので、一気に当選目指す皆さんはマネックス証券、SMBC日興証券で口座基準をし、IPOに参加してください。

そしてSBI証券も口座基準を通じて置き、根こそぎIPOに申し込んでIPO要点を貯めておくと、いざ「これは!」という所が上場したときにIPO要点として有利に抽選に参加できます。

バイナリーオプション