まずは、IPOの流れをおさえましょう。IPOはブックビルディング(くじの申込み)~当選~注文の申込み~上場という流れですすむ結果、上場太陽の少し前にブックビルディングに参加する結果公募総計での注文ができます。上場太陽に申し込めばいいわけではないので注意して下さい。

「流れはいいから登録のツボや当選するための方法が引っかかる」というかたは次のウェブサイト(IPOの申込方法)へどうぞ。

上場締結

マーケットに上場することが締結されます。ここから最新公開まで約ひと月かかります。上場が承認されると、その法人の最新公開株を立ち向かう証券法人のWEBなどで公開され、大きく告知されます。

仮条件決済

機関ユーザー等の主張をもとに最新公開株の値段(「仮条件」)を設定します。仮条件は上場太陽の約半月プレくらいに決定されます。提示された仮条件(通常は〇円~〇円と、高低を与える)を元に、ブックビルディング(要望要請)に入ります。

要望要請(ブックビルディング歳月)

提示された仮条件を元に、その値段でユーザーがどれだけ買いたいかという要求を見つけ、総計を決定します。最新公開罹る株を買いたいユーザーは、こういうブックビルディングに潜入(仮条件の範囲内で、いくらで何株買いたいかを要請)し、ブックビルディングに参加したユーザーの要望を元に公募・売出し総計が決定されます。

こういうブックビルディングに参加する結果、IPOのくじに参加することになります。

IPOシロウトのかたは「上場太陽を待って貰う」と思っている方もいるようですが、IPOの公募総計で貰う場合は上場太陽ではのろいだ。上場太陽の少し前のブックビルディングに申し込むことでIPOのくじに参加し、当選すれば公募総計で買うことができます。

基本的にはブックビルディングに頼む時点で資金が必要なので、ポケット所有や元手の敷金は早めに済ませておきましょう。

くじ ~初めてのかたは「至高フェアくじ」で

各証券法人に割り当てられた最新公開株数よりも申込みのほうが多い場合は、くじ(くじ対策は証券会社によってことなる)を通じて割当てされます。

最新上場するIPOの商標はいつの証券法人も買えるわけではなく、IPOのコーディネータを務める証券会社でだけIPOのくじに参加することができます。

また、コーディネータの中でも特に主コーディネータの証券法人は、IPOの持ち前の人数が多いため主幹面の証券法人にかけてIPOを申し込み、くじに参加するのは当選%を吊り上げるための”順当だけど泥臭い手立て”の一つだ。

ただ、IPOは非常に人気が高いので、証券会社によってIPOは「お得手さまプライオリティ」というところが多いため、これから証券ポケットを定めるかたや締結実績が乏しいかたの場合はマネックス証券や SMBC日興証券 、 岡三オンライン証券 、ライブ達人証券などの「至高フェアくじ」の証券会社で申し込むとよいです。

至高フェアくじの証券法人は、ポケット開設したばかりの人間もお得意様も関係なく、皆同じく平等な確率でIPOのくじを通して得る証券法人だ。

公募・売出し総計決済

ブックビルディングに参加したユーザーが提示した注文値段といった株数を元に、最終的な公募総計が決定されます。IPOではここで決定された公募総計で最新公開罹る株を購入することができます。各証券法人に割り当てられた最新公開株数よりも申込みのほうが多い場合は、くじ(くじ対策は証券会社によってことなる)にて割当てされます。

注文エントリー

IPOのくじに当選したユーザーは注文エントリー月日太陽までに注文の胸中を決定します。

当選したらおわりではなく、当選後に注文の申込をする必要があるので忘れないように気をつけてください。補欠で当選の場合は、当選したけど申し込まなかった人間がいれば公募総計で購入することができます。

決まった公募総計を見て「やっぱり買わない」も大丈夫で、その場合は補欠の人間に当選が繰り上げられます。

最新上場

最新上場太陽に初めて一般のユーザーも営業ができるようになります。IPOくじに参加しなかったユーザーやIPOくじに外れたユーザーの買い要望といった、IPOくじに当選して初値で売ろうとしているユーザーの売り要望のバランスで初値が決まります。人気の商標などは、買い要望が大幅に売り要望を上回り、初日にはお金がつかない(ストップ高で買えないようなペース)ことも多々あり、そのまま何太陽次かに初値がついた時折公募総計の何ダブルということもあります。

投資のメリットとデメリットを比較