IPOには申込みが多く、公募額面でIPO株を選べるのはくじで当たったユーザーだけになります。そのため、なかなか買うことができないのが現状です。

ただ、IPOくじへの参画には費用がかかりません。証券店頭に口座があれば誰でもくじに参加できるので、積極的に参加していきたいものです。

目標:図形・口座制定の作業

IPOの申込み方法(バイヤーの作業)

IPOの申込方法といっても、そこまで耐え難いわけではありません。ただ、通常の株を貰うのとは作業が違うのでここで解説していきます。

IPOのページで募集中のブランドを選ぶ
くじに頼む(ブックビルディング参画)
公募額面というくじ結果が仕上がる
当選したら「獲得の申請」をするのを忘れずに
1.IPOのページで募集中のブランドを選ぶ

まず、証券店頭のサイトで、IPOや新設オープン株式(証券会社によって異なります。新設オープン、新設上場など)という小見出しを見い出し、その証券店頭が取扱うIPOブランドのリストを見ます。

その中で、申込受付日にちインサイドのブランドを選び、申請ディスプレーに進みます(IPOは申込みができる日にちが決まっています)。

申請ディスプレーにすすむハイパーリンクの表記戦術は証券会社によって違う。「申請」「不可欠リクエスト」「BB(ブックビルディング)」など色々ですが、リストを見てオープンお天道様や窓口実態などを見ればどれが今申し込みができるブランドなのかはすぐわかります。

2.くじに頼む(ブックビルディング参画)

申請ディスプレーに進んだら、通常の株を貰う感じように、買いたい株数という価格を入力して申請をします。価格は「仮詳細」といって「有円~有円」ってブランドごとに射程が決まっていて、その範囲内で認定する。

こういうシーン、通常はそのブランドを払えるだけの買付余力がないと申請ができませんが、 岡三ネット証券 などは余力がないとおりも申請ができます(ただし当選したら一気に資金を入れないと落選になってしまいます)。

これで申請はフィニッシュだ。あとはくじ結果を待ち受けましょう。くじお天道様はブランドの詳細ページなどに書かれていらっしゃる。また、基本的に申し込んだブランドのくじ結果が出たらメールアドレスでお知らせしていただける。

3.公募額面ってくじ結果がまとまる

くじが終われば公募額面が決まり、くじ結果も決まります。証券店頭にサインオンしてくじ結果を確認しましょう。

4.当選したら「獲得の申請」をするのを忘れずに

当選したときの警告として、当選したらそのまま支払えるわけではありません。

くじ参画時折まだ公募額面(IPOで選べる代金)は決まっていなかったので、決まった公募額面で貰うかどうかの裏付けにつき当選したら期限内に「獲得の申請」をする必要があります。

これを忘れてしまうとせっかく当選したのに落選として、代役の自分が繰り上げ当選となってしまいますので注意してください。

「公募額面はこういう代金に決まりました。あなたは当選しましたけどこういう価格で買いますか?」という裏付けですね。

以外がIPOの申請の作業だ。

IPOのページで募集中のブランドを選ぶ
くじに頼む(ブックビルディング参画)
公募額面とくじ結果が仕上がる
当選したら「獲得の申請」をする
口座を持っていればこういう4ステップで申請ができます。

IPOの申請ができないときは?

ここでの警告は、証券会社によってはブックビルディングへの参画詳細に「電子付加サービスを利用している」必要がある場合があります。これは証券店頭が常連への付加をチックに義務付けられている文書をネット上で確かめるための献上で、無料で利用ができます。便利なサービスなので利用しておいたほうがいいでしょう。

いつ資金を入金すればいいの?

IPOの資金の入金の折は証券会社によって違いますが、通常は申請の時点で口座に頼むブランドが支払えるだけの資金が必要になります。

しかし、後で紹介しますが獲得申請の期限までに資金を仕度すれば良し証券店頭や、当選した場合だけ資金を仕度すればいい証券店頭もあります。

申請の時点で資金が必要な場合でも、当選すればその資金で獲得され、もしくじに外れればその資金は返ってきますので安心して下さい。

IPOのくじ戦術は?お得意様しか当たらないの?

くじの戦術に関しても証券会社によって異なります。有名証券店頭などは大言壮語常連や過去のセドリ事例の良い常連に多くのIPO株を割りふり、余剰をその他の顧客に配分したりするようです

FXバイナリーオプション