ローリスクでハイリターンな株式ハンドリング、そんなハンドリング切り口があればいいな思ったことはありませんか?

IPO(新設発表株)は比較的リスクが少なく、短期間に何倍にも株価が上昇する見通しを込めた美味いハンドリング切り口だ。

2015時の津々浦々郵政や2016時のラインなどは大きなはやり、当選して初値で売った人も多いと思いますがあなた儲かりましたね。

実に2013時は11ひと月8日光時点でIPOの公募金額(売出し金額)から初値(最初についた株価)のほうが高かった実績が100パーセント、そのうち半ばは初値が公募金額の2倍以上になっています。

これは、IPOに応募して買えたうちの半ばは数日間で2倍以上になったということです。

IPOに応募して公募金額で買えたら初値ですぐ売って仕舞う。たったこれだけで今年はかなり稼げてしまっている。それではIPOについて細かく説明していきましょう。
 
IPOは?

IPOは Initial Public Offering の略で、 日本語では新設発表株と言われます。普通の株式というどう違うのかというと、私たちが買う事ができる株は、上場といって、都内市場をはじめとする市場のチェック要件を満たし、一般の投資家が自由に株券を譲渡こなせる団体の株だ。

上場していない未上場の団体の株は、通常は団体の社主やそのファミリーなど、少数の判別株主のみがその株を保有していて、市場で自由に譲渡をすることができません。

未上場の団体が上場する事を株式の新設発表といった済む、新設発表場合相場に売り出される株のことを新設発表株といいます。

なぜおいしい?新設発表株

IPOのベストのメリットは、何といっても公募金額(売出し金額)で買えたときの利益のがたいにあります。公募金額(売出金額)で買えたシーン、市場で初値(最初についた株価)がついた際には非常に高い確率で公募金額をすごく上回ってあり、中には公募金額の何倍にもなっていることもあります。そのため非常に高い確率で良い利益が期待できます。

株式を新設公開すると、今までは一般の投資家は買う事が出来なかった株が相場に出回ることになります。新しいビジネスモデルを有する注目の法人や、急調教時の法人は特に注目度が高く、上場後者買い注文が殺到して大幅に良い初値を付ける見通しがでてきます。

また新設発表株が決定すると、その新設公開する株を取扱う証券会社ではネットなどで大きく告知する結果多くの投資家の注目を集めます。新設発表される株数は比較的株数が少ない結果、関心が集まればそれだけ買い注文の頭数が売り注文を上回り、初値が高くつく確率が高くなります。中には公募金額の何倍にも罹る代物もあり、IPOの初値は平均すると公募金額を広く上回ってある。

2013時には10月末時点で32オフィスのIPOがありましたが、一律初値が公募金額を上回ってあり、そのうち半ばを超える18商標は公募金額の2倍以上(以下の公赤い文章)になっています。さらに、3分の1になる9商標は3倍以上(以下の表イエロー原因)となっています。

発表後者、初値がついた後は乱高下がすごいものが数多く、リスキーになりますが、「公募金額で買えたものを初値で譲る」というだけなら、乱高下などを読めない株の初心者も簡単にできます。

また、IPO株のゲットには譲渡手間賃もかかりません。(売却時は通常の株と同じ手間賃がかかります)。

これだけいい事ずくめのIPOですが、申し込みが多くて宝くじになるため毎度公募金額で買う事ができるわけではありません。扱いが決まったら応募行えるタームに応募し、宝くじに当選すれば公募金額で買えるというモデルになります。

そこで”報知”といった”当選するための手段”が大事になってくるのですが、報知はオンライン証券の反応を使うって便利で、例えばマネックス証券ではIPOの扱いが決定したらメールアドレスでお知らせして受け取るアラートメールも条件できます。これは便利ですよ。

また、 岡三WEB証券 などの”へそくりを用意しないまま宝くじに参加できるオンライン証券”(当選したらへそくりを設定すればすばらしい)で宝くじへの出場口数を繰り返すといったような”当選のための手段”を整える事象。

サラリーマン向け投資