IPOを山盛り割り付けるためには多少なりともたくさんの申込みをすることが基本になりますが、IPOの福引きでは福引き前にキャピタルを用意しなければいけないので、普通は資金が山盛りなければ同時期にたくさんのIPO申込みはできません。

ここでは多少なりともIPO当選比を突き上げるための3つの術を紹介します。少しわかり易いかたなら分かるかもしれませんが、こういうので多少なりとも当選比を上げて出向くためIPOにも当たり易くなります。

前の頁で紹介したIPO当選比を掲げる技法が基本です。こういう根本を敢然とやることが一番当選比が上がります。そのうえで、さらに当選比を多少なりとも振り上げる技法として実践して下さい。

こういう届け出をはてなブック印に割増  
1.SBI証券でシーンを貯める

SBI証券では、IPOの発注に外れるたびに、シーンがいただける。そのシーンを使ってIPOに申込みをするという、当選比を引きあげることができます。

当選比を褒めちぎるために普段から山盛り申し込みをして置き、「ここぞ!」というときのためにIPOシーンを貯めておくんです。

IPO申込みでシーンを使っても、当選しなかった場合は使ったポイントは元に戻ります。普段からなるべくたくさんのIPOに申込みをしてシーンを貯めて置き、ラインや和風郵政の上場ときのように、話題になって大きく高騰しそうなIPOが来たときにまとめて著しくシーンを使って比をあげて出向く、これがSBI証券のIPO秘訣だ。

SBI証券
2.資金がなくても福引きに仲間入り!IPO発注ときの前内金不要のweb証券

岡三オンライン証券という生録達人証券はIPOは前内金不要で、IPOの発注時折キャピタルはまだ入金していない状態でも福引きに仲間入りできて、当選したら福引き後にキャピタルを内金すればいいんです。つまり、買付余力ゼロのとおりもIPOの福引きに参加できる!これは便利ですね。

IPOは人気なのでたいてい福引きになりますが、通常は注文の時点で資金が必要で、普通はIPOは「当てはまるかどうかはわからないけどキャピタルは先に用意しておかないと福引きに仲間入りできない」んですよね。

なので、2つの証券仕事場から福引きに仲間入りしようと思ったら、当選したら支払えるだけのキャピタルの2ダブルのキャピタルを準備する必要があるんです。

しかし「前内金無駄」の証券仕事場だと注文時点ではキャピタルの余力がなくてもいいので、残金白紙も福引きに参加できます。当選したら他の株を売ったり入金してキャピタルをセットすればいいんです。

前内金不要の岡三オンライン証券といった生録達人証券にポッケを作って置き、どちらかがIPOを取り回ししたら他のweb証券と共に岡三オンライン証券と生録達人証券からもIPOの福引きに注文をします。

これで資金がちょうどしかない場合でも、おんなじIPOの銘柄に極度3つの証券仕事場から福引きに参加することができます。

IPOの扱い総和はそこまで多くないのであくまで当選比をつりあげるための手当てという形状ですが、キャピタルを入れなくても福引きに参加できるのでポッケを持っておいて喪失はありません。

岡三オンライン証券 (オフィシャルウェブサイト)
生録達人証券(オフィシャルウェブサイト)
※岡三オンライン証券は内金タイミングに注意してください。当選した場合、内金締切の15タイミングまでに買付余力がないと当選が撤回され落選となってしまう。銘柄を通じて違いますが、早い場合は福引きの翌日が内金締切ということもあるので注意が必要です。

3. SMBC日興証券で控え申し込みをする

SMBC日興証券(日興イージートレード)のIPOは当選しなかった場合は一律控え(撤回待ち注文意義)となります。

他のweb証券だと「控え」と「落選」に分かれますが、SMBC日興証券の場合はみんな控えになるんです。そして、控えになった後には「控え発注」の依頼をしないと繰り上げ当選はしません。

控えになってそのまま控え注文をしない奴もいるので、チャンスはあります。控え(撤回待ち)なので総和は少ないですが、控えで頼めるのはブックビルディングに参加した人だけ。そして「控えの注文」をしないと繰上げ当選はしませんので意外と申込者も少ないです。

控え申込のやり方は SMBC日興証券 にログオンし、「おトレード」をクリックし、「新設発表株」のところにおける「申告有様便覧・申告取消・募集発注」をクリックすると申し込みができる銘柄が出てきます。参考:控え発注の要覧(SMBC日興証券)

さて、3つの術、参考になりましたか?IPOはとにかく山盛り申込んで福引き比を突き上げることが基本です。IPOメインで株を始めるなら、IPO扱いの多い定番のマネックス証券、SBI証券 、 SMBC日興証券 って、ここで紹介した方法でキャピタルを拘束されずにIPO福引きに参加できる 岡三オンライン証券 といった生録達人証券は押さえておくとよいでしょう。

もちろん一律ポッケ開設・シート要請・ポッケ継続にコストはかかりません。まさに株の仕事をしたり、有償の項目装具の注文をしなければ全てコストはかからないので安心して下さい。

さて、ここで方法をうち紹介します。

方法 : 資金がなくてもIPO発注

これは危険も向き合うリスキーだ。自信のない奴はやめておいて下さい。

キャッシングの拒否ローンによる技法だ。拒否ローンは1週無利息キャッシングで有名ですが、一度皆済してしまえば来月先、次に借り入れる時もまた1週無利息、月一括払い、1週無利息で使えるんです。

1週。IPOのブックビルディングにぎりぎりで申込んで、もし逸れてしまったら支払いして皆済、1週あれば間に合います。支出利率は白紙だ。皆済しているのでいつかもまた1週無利息で借り入れることができます。

当選したら数日分の利率くらいは払ってもいいでしょう。IPOに当選したなら数日分の利率を払ってもOKおつりがくるくらいの利得はできるだから。

あくまでこれはキャピタルのない奴用の方法だ。自己資金がある奴はそれを使ってIPOの発注を限るでしょう。この方法では1週を過ぎると利率がしっかりかかります。
例えば年利18百分率の場合に10万円借り入れるといった一年中約50円ずつ利率が増えていきます。IPOだけで使っていればいいのですが、コストを繰り返すためにカードを作って、他のキャパシティーで使ってローンができしまっては本末転倒ですので、こういう腕前を使う際はご注意ください。

キャッシング破産する人の特徴