株価イラストを見る上で、イラストと共に判定のポイントとして見極めるものがいくつかあります。こういうHPではその中でもかなりメジャーな引越水準線と、引越水準線での業務のポイントとなるゴールデンクロス(買いのポイント)・デッドクロス(売りのポイント)において注釈する。

引越水準線て何?

まず、引越水準線は何かについてですが、直近の株価の終値の平均値の動きを線にしたものです。

25日光引越水準線って75日光引越水準線が基本ですが、もっと短期の5日光引越水準線や10日光引越水準線、長期の13ウィーク、26ウィーク、52ウィーク引越水準線などいろいろあります。

25日光引越水準線だと過去25日間の終値の平均値を、75日光引越水準線なら過去75日間の終値の平均値を吐出し、それを線として結びつけるものです。

例えば以下の図版はある銘柄の株価イラストですが、オレンジ色彩の輪郭が5日光引越水準線、紫の輪郭が25日光引越水準線、緑の輪郭が75日光引越水準線だ。

実際の引越水準線

引越水準線の書き方は?

引越水準線の書き方は?と聞かれることがたまにありますが、基本的に引越水準線はムード輪郭とは違い、自分で書くことはありません。ホームページ証券店先のイラストスクリーンに書かれている引越水準線を見分けるのが基本です。

引越水準線を見て何が判るの?

引越水準線は株価の動きのムード(伸びムード・ダウンムードなど)を見分ける事態、そしてトレンドをもとにしたお買い得・売りときの判定に使います。

株価イラストだけだと一時的な行動で激しく上げたり下げたりすることがありますが、引越水準線だと一時的な乱高下に反映にすごく左右されず、株価の動きのトレンドを見ることができます。

引越水準線といった今の株価や株価イラストとの設定脈絡や、引越水準線同士の脈絡にてお買い得や売りときの判定をします。

例えば引越水準線絶交パーセントといって、引越水準線と株価イラストが間近いときはいまだにの行動、引越水準線という株価イラストが離れているときは普段よりも急性動きをやるなという見込ができます。

普段よりも急性動きをやるは、そのうち普段の動きに立ち戻ることが予想できますね。つまり、引越水準線から上に離れすぎのときは売り予兆、下に離れすぎているときは買い予兆という判断することもできます。

実際の引越水準線

上記のイラストは紫の輪郭が25日光引越水準線ですが、こういう輪郭からイラストがものすごく離れるって、突っ張るように引越水準線に戻ってきているのがわかりやすいイラストですね。

また、引越水準線もムード輪郭の上値反抗線や下値人気線というレジスタンス・反落のときの一つになることもあります。

そして、引越水準線といえば外せないお買い得・売りときの予兆として「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」があります。

ゴールデンクロスはお買い得予兆

ゴールデンクロスというのは、長期の引越水準線を短期の引越水準線が下から上に抜け落ちることをいいます。

図版で見るとこんな感じです。

ゴールデンクロスの論評図版

実際のイラストではゴールデンクロスは以下のような感じになります。

ゴールデンクロスが起きている株価イラストの図版

ゴールデンクロスがいかなる内容を持つかというと、長期の引越水準(長期で見たときの水準)よりも短期の引越水準(短期で見たときの水準)が下だった情況から、それが逆転して長期の引越水準を短期の引越水準が抜いてくるので、ゴールデンクロスは伸びムードに異動した傾向を示します。

引越水準線は過去数日間の平均値なので、短期での水準が上がってきてその情況が続けばその後に長期の引越水準も上昇してくる。

長期の引越水準線が上に向いているは長期の伸びムードだという事ですね。

ゴールデンクロスは・・・
伸びムードに異動した傾向を示すお買い得の予兆

デッドクロスは売り状態予兆

デッドクロスというのは、長期の引越水準線を短期の引越水準線が冒頭から下に引き抜けることをいいます。

図版で見るとこんな感じです。

デッドクロスの論評図版

実際のイラストではデッドクロスは以下のような感じになります。

デッドクロスが起きている株価イラストの図版

デッドクロスはゴールデンクロスとは逆に短期の引越水準が長期の引越水準を下に抜けててくるので、ダウンムードに異動した傾向を示します。

引越水準線は過去数日間の平均値なので、短期での水準が下がる情況が続けばその後に長期の引越水準も下降してくるからだ。

デッドクロスは・・・
ダウンムードに異動した傾向を示す売りときの予兆

ダマシを想定する

引越水準線のゴールデンクロスやデッドクロスも、ムード輪郭と同様にダマシを想定する必要があります。

「ゴールデンクロスです!」といった思ったら短期の引越水準が一気に下がってまた長期の下に落ちてしまったりということですね。

予兆が被さるほど百分比は厳しい

引越水準線やゴールデンクロス・デッドクラスとか、各種予兆はあくまでも圧倒的なものではなく、予兆の一つ(傾向の一つ)として感じることが重要です。

それらの予兆が被さるほど百分比は大きいと判断できますね。例えばゴールデンクロスが発生してムード輪郭も上値反抗線を抜き、イラストも買い予兆が出ているとなれば、かなり百分比はおっきいって判断できますね。

ただ、そういったイラストの良い銘柄はなかなか無いし3000以来ある銘柄から無作為に探し出すはかなり大変です。

バイナリーオプションの攻略