株の乱高下をイラストで見ると、トレンドのようになっている。こういう波状の株価イラストから、買うタイミングや並べる時機を探るために役立つのが流行道順だ。

プロフェッショナル考察重視の取り引きやデイトレをする場合は、株価イラストの流行道順の認識が取り引き点数に大きく影響します。

ここでは流行道順の基礎として、イラストの下に書く下値評価線(お手伝い道順)ってイラストの上に描く上値反抗線(戦い道順)の書き方や考えを批評行う。

下値評価線(お手伝い道順)での商売

下値評価線での買い署名

下値評価線(お手伝い道順)
イラストのトレンドの谷下といった谷下を結び付ける線を下値評価線(お手伝い道順)と言い、流行道順を引いたイラストを見てみると、下値評価線で株価が反発して尻上がりがよくあります。

上昇した株価が下がってきて下値評価線に近づいたところが株の買いどき、押し目買いのキモとなります。これは、イラストのトレンドの資質によるものです。

株価は上達または下降する際、大きな流れを作って一定の向きに動き、その大きな流れの中でちっちゃなアップダウンを繰り返し、トレンドを始めるという性質があります。

上昇した株価が下がりだしても、大きな流れが変わらなければまた反発して上昇します。その対抗の目安になるのが下値評価線だ。

一般的な株価イラストの認識としてもこういう道順で反発して上達をする可能性が高いと言われており、多くのトレーダーがこういう道順を取り引きの目安にする結果こういう道順は対抗の大きな目安になります。

下値評価線での売り署名

株価が下がりだし、下値評価線に近づいたら買いどきとなりますが、下値評価線後述まで下がる場合は売り署名になります。

この場合は下値評価線での対抗を狙った買いのパワーよりも売りのパワーが強い結果、さらに下がり出すケー。また、対抗にかけて買いを入れていたトレーダーは、評価線を割り込んだため、意向が外れたことにより損切りの売りを差し出し、売りパワーに変わる結果さらに売りが強くなります。

下値評価線は買いのキモとなりますが、こういう道順を割り込んで下がる際は売りのキモとなるので注意が必要です。

下値評価線ぎりぎりで買うことができれば、目論見通り対抗を開始すれば利益になりますし、評価線を割り込んだら一気に損切りをすればちっちゃなデメリットで済みます。

株で稼ぐには財を大きく、欠損は小さくするのがバックボーン。流行道順は必須なものではありませんが、認識がわかれば取り引きときの鑑定の大きな目安として使えます。

上値反抗線(戦い道順)での商売

上値反抗線(戦い道順)
株価イラストのトレンドの真盛りといった真盛りを結び付ける線を上値反抗線(戦い道順)と言い、株価が上値反抗線に近づいたところが株の売りどきとなります。

株価が上昇してきた際、こういう上値反抗線の道順で反落し、下値反抗線で対抗し、アップダウンを増やす特性が多く見られます。

上値反抗線での買い署名

上値反抗線も下値評価線みたい、こういう道順を上に抜けたら絶好の買い署名となります。

今まで抑えられてきた道順を抜き取れるほどの激しい上達の現実がある状況、上値反抗線を前文抜いたためさらなる上達への目論見の買いが入る状況、上値反抗線近所で売ったトレーダーの買戻しが入ることなどの期待が持てます。上値反抗線で反落した回数が多いほど、抜けたときは手強い上達の署名となります。

上値反抗線(戦い道順)
物差しのイラストも、最初の上値反抗線を前文抜いたところで、そこから一気に上昇していますね。

※流行道順は1つではありません。おんなじイラストも複数の流行道順を書き、道順を突破したらまた初々しい流行道順を書き、それぞれの道順によっていきます。

また、株価が上値反抗線を前文抜くと、上値反抗線は下値評価線に変わります。これは今まで多くのトレーダーが注目していた道順なので、前文抜かれたのちもお気に入りが続いているためです。上値反抗線を前文抜いたところで買うことができれば、下値評価線界隈で対抗したところに買いを入れた感じようなものです。

ダマシを想定する

上値反抗線を前文抜いたシーン、上達の現実が力強いので買いを入れます。しかし、イメージと反して株価が下がり出すこともあります。これをダマシと言います。反抗線や評価線を抜き取れるときは株価に上達・急落の強い勢いがあります。しかしその署名がダマシになったシーン、それ以上に激しい反対方向への現実があるということになります。

流行道順の認識を覚えても、株価が必ず予想通りに働くというわけではありません。
しかし、予想通りに必ず動くと想定して商売をし、ダマシとして意識が白一色になってしまう人間も少なくありません。ダマシになった場合も考慮して方策を練るため、さらに精度を高めた投資をすることができます。ダマシも「見越し際」の投資をするため、欠損は薄く、財は大きくすることができます。

FXバイナリーオプション